会社紹介

重慶集創家科技有限公司は、2016年に重慶市経済と情報技術委員会に引率され、重慶錦暉ホールディングスが1億元の出資で設立されました。集創家グループは電子取引、輸出入、工業デザイン、知的生産システム、金融、B2B、B2Cおよび新リテールなど多分野でビジネスを展開し、“知的生産システム+インターネット+金融”の新しい方式を利用して、各国から調達したコスパと品質の高い商品をお客様に届ける。

グループ会社の錦暉陶磁器工場が半世紀以上の伝統を持ち、中国の国賓宴会用食器、国章食器と中国外務省用プレゼントを開発・製造した実績を誇る。錦暉ホールディングス傘下の金融会社が資産の管理、投資と運営サービスを提供するとともに、ホールディングス全体の発展にサポートし続ける。

経営多角化
集創家のビジネス戦略

電子取引

KCHOME+実店舗

オンラインショップと実店舗が共存し、お客様の利便性向上を図ります。さらに、お客様から頂いたご意見をもとに商品の改善へと役立ています。

金融

投資+ローン

ビッグデータとクラウド技術を利用して、ビジネス投資、少額貸付、個人ローンなど金融ソリューションを提供します。最新のリスクと債権管理システムにより不良債権を防げます。

クラウドプラットフォーム

4つのプラットフォーム

ブランドを育てるために、集創家はIT技術を運用し、グローバル製造クラウド、デザインクラウド、ECクラウドと物流クラウド計4つのプラットフォームを構築します。

グローバルなデザイン力、製造力、調達力と販売力