• 陶磁器製品
  • 竹繊維製品
  • グラス容器

錦暉陶磁器有限公司

1951年からのモノづくり
製品ラインが豊富で、一般の家庭用食器、業務用食器および包装用ボトルを生産しています。 OEM受注を承ります。中国の国レベル工業デザインセンターの実力を持ち、お客様希望通り、オリジナル製品を開発致します。

製品別最低注文量 1200点

納期と支払い条件について、発注内容によりご相談させてください。

工場紹介

所在地:中国重慶市 従業員:600名 面積:10万平方メートル 年間最大生産量:8000万点

陶磁器種類:ハイアルミニウムボーンチャイナ、硬質磁器、強化磁器、精陶器と強化炻器計5種類

飾り方法:上絵付け、下絵付け、シンクインと豊富な色釉

焼成温度:1250℃-1380℃(材質により違う)、2段階焼成

生産設備:大型自動窯20台以上(ドイツHeimsoth産)、圧力鋳込み成形ライン10台、冷間等方圧プレス(CIP)9台(ドイツDorst産)、自動成形ライン(ドイツLippert産)

測定能力:DTA、AAS、焼結分析、化学成分分析、熱衝撃抵抗性分析、抗衝撃測定、曲げ強さ測定, 白色度と色差測定、電子レンジ試験、オーブン試験、食器洗い機試験、段ボール強さ試験など

工場沿革

2013年 錦暉が中国の国レベル工業デザインセンターへと認定

2008年 紅花郎酒ボトルをはじめ、錦暉製陶器ボトルが中国高級酒入れのトップシェアを占める

2003年 錦暉が革新的酒ボトルを開発

2003年 錦暉グループが設立

1991年 合弁会社兆峰陶磁器有限公司が設立

1986年 中空保温ボルトが中国全土のヒット商品になった

1951年 錦暉の前身である重慶華陶磁業有限公司が設立

厳格な品質管理
先進的な設備

Heimsoth(ドイツ産)直火快速ローラーガス窯20台以上

Netzsch(ドイツ産)糸底研磨機

Dorst(ドイツ産)冷間等方圧プレスしたCIP 9台

自動搬送システム

Lippert(ドイツ産)自動コップ成型ライン

自社開発した圧力鋳込み成型ライン10台

材質別製品ライン
  • ハイアルミニウムニューボーン

    伝統的なボーンチャイナと磁器両方の良さを兼ねそろえ、クリーム色の滑らかな焼き物。酸化アルミニウムを用いることで普通のボーンチャイナより、製品の硬度が高め、透明感がある。

  • 硬質磁器

    ドイツで開発したレシピで、1380℃焼きの無鉛高白色な磁器。釉薬に大量な石英を採用し、透き通るような美しい白磁で、表面がガラスのように滑らかで堅い。

  • 強化磁器

    アメリカ業務用向けに開発したレシピで、コストが低い、強度が高い、耐久性が優れ、彩釉に最適。

  • 精陶器

    欧米で人気高いナチュラル雰囲気の焼き物

  • 強化炻器

    吸水率低いボトル、通気性があり、酒入り最適な容器です。

家庭用食器カタログ
業務用食器カタログ
酒ボトル例

2006年に中国包装スター奨を獲得した

  • 1、竹繊維を選ぶ理由を教えてくださいか?

    竹は地球上一番成長速い植物で、半年で収穫可能でございます。殺虫剤フリーで地球と人間に優しいです。なお、竹の品質で天然抗菌効果がございます。
  • 2、竹繊維食器が分解できますか?

    主な成分が植物由来の繊維と澱粉で作ったバイオプラスチック製品で、土に埋められば、酵素に分解される。合成樹脂がもっと時間立って分解される。より速く分解できるように、私たちが天然樹脂の取り込みに頑張りっております。
  • 3、分解の時間がどのくらい必要ですか?

    通常に使うと、分解しないことです。土地中に含まれる酵素などに接触すると分解されます。製品のサイズによりますが、12ヶ月間―24ヶ月間で分解完了。

自然から生まれ、自然に戻る

成分

  • 竹パウダー35%
  • 食用コーンパウダー30%
  • 木繊維5%
  • メラミン29.5%
  • ポリアミド樹脂0.5%
  • 生産地  中国
  • 耐熱温度 110℃
  • 耐冷温度 -10℃

電子レンジ禁止、食洗機使用可

合格基準(検査レポート有り)